BLOG ブログ

【改修工事】駐車場の水はけを良くしたい!


砂利や砂、凹凸により、雨が降った後なかなか水がはけないお悩みはありませんか?砂利や砂を足したところで一時的です。水が「溜まらない・浸み込まない」ようにするにはどうしたら良いのでしょうか。

こちらは問題の土・砂を取り除いている様子です。整地状況が悪く駐車場が凸凹になっていたり、駐車場の表面排水が不足している場合、土台の土も変えなければなりません。

掘って滑らかにした後、プライマーをまいていきます。この作業はとても重要で、

この後流すアスファルトとの接着性を良くします。飛沫の際はバリケードで防止します。

こちらは排水溝です。水が流れていきやすいように施工します。

アスファルトをしいていきます。

アスファルトの表面には細かい穴が沢山あり、雨水はこの穴を通って排水されます。なのでとっても水はけが良いです。コンクリートが使われることも多いですが、水はけはアスファルト比べに遅いです。駐車場がぬかるむのは気持ちが悪いですよね。見た目も美しく☆水はけもすっかり解決しました!

最後に>>
ご自宅の駐車場でこんなお悩みはありませんか?
DIYで解決することも少なくはありませんが、大切なお車の為にも
荷重、強度、水はけ性能は万能にしていたいですね!
小さな箇所でもお見積りはお気軽にお申し付けください☆

CONTACT
お問い合わせ

住まいのことならお気軽に何でもご相談下さい。

3月!水回り見学会開催決定☆

リフォームお悩み相談会も同時開催☆